シャンプーの使い分けでワンランク上のヘアケア

シャンプーには大きく分けて、シリコンというコーティング剤が入っているものと、入っていないものの2種類があります。髪の健康のためには、余計なコーティング剤が入っていないもののほうがいいような気もしますが、本当に大切なのは、なりたいヘアスタイルに合った種類を選ぶことです。

美初の味方でもあるシリコン入りシャンプー

シリコンはキューティクルをコーティングしてくれる成分です。指通りをよくしたり、艶を出したりする効果があります。洗っているときから髪の摩擦をやわらげて、キューティクルを保護してくれているので、いちがいに悪者とは言いきれません。

他にも、ドライヤーの熱から髪を守ったり、まとまりやすくするという効果があります。毎日、ホットカーラーやヘアアイロンを使ってスタイリングする人には、熱から髪を守ってくれるシリコンは、強い味方になってくれるでしょう。

ノンシリコン・シャンプーが好まれる理由

一時期、下のようなシリコン入りシャンプーのデメリットが強調されたことから、逆にノンシリコン・シャンプーが流行したようです。
・キューティクルをコーティングするので、パーマやカラーリングのかかりが悪くなる。
・傷んだ髪を治してくれるわけではない。
・毛穴を詰まらせて、頭皮のトラブルを引き起こすという噂があった。

ノンシリコン・シャンプーは、天然成分やオーガニックが使われていることが多いため、安心感があるということで好まれます。また、シリコンでコーティングしないことで髪が軽くなり、ボリュームアップするということも人気の理由です。パーマやカラーリングもかかりやすくなり、長持ちするようになります。

それぞれの特徴をふまえて選ぼう

同じロングヘアでも、猫っ毛なのでボリュームを出したいと思っているのか、パサついてまとまりにくいのをなんとかしたいのか、パーマやカラーリングをする予定があるのか、それによってシリコンが入っているほうがいいのか、入っていないほうがいいのか違ってきます。

傷んで枝毛がひどくなってしまったときだけ、一時的に補修効果の高いシリコン入りシャンプーを使ったり、ヘアスタイルを変えた場合にはシャンプーも変えてみる、という方法もありです。

シャンプーの特徴を理解して、自分がなりたいヘアスタイルを実現できる種類を選びましょう。トライアル用として1回分づつの小袋や、トラベル用の小さいセットを販売しているメーカーもたくさんあります。どれかに決める前に、いろいろ使って試してみることも大切です。

しっとりまとめたい場合はシリコン入りを、ベタつきが気になったり、ボリュームアップを目指したい場合はノンシリコンを、と使い分けるとよいでしょう。ナチュラル志向で、普段はノンシリコン・シャンプーを使っている人も、たまにはシリコン入りに浮気してみるのもいいかもしれません。

浮気でいかに自分が作ったルールを守れるかが争点となる

バレないことは当たり前のルール

まず、パートナーに浮気がバレないことは、誰もが設定する当たり前のルールだと言えます。
ただ、大事なのはバレないようにするにはどうするのか、そこを細かくルールとして決めることが大事になってくるのです。

浮気相手と会うのは月に2回まで

例えば、浮気相手とは多くても月に2回までしか会わないなど、会う回数を制限するルールを決めておく方法もあります。
単純に、浮気相手と会う回数が多ければ、それだけバレてしまう確率も高まってしまうわけですから。

常にパートナーを最優先する

いかなる場合でも、浮気相手よりもパートナーを最優先するというルールを決める人も多いです。
パートナーを最優先することで、今まで通りの振る舞いができるので、決して怪しまれることがないのです。

浮気相手とは絶対に浮気以上の関係にならない

そして、浮気相手とはあくまで浮気だけの関係に留めておく、このルールを守ることも非常に大事だと言えます。

少しでも浮気以上の関係を持ってしまうと、もはや後戻りできなくなってしまうので、絶対に深い関係になってはならないのです。

守れないルールは逆に定めない方がいい

逆に、到底守ることができないようなルールは、逆に定めない方がいいと言えます。

例えば、「100%確実に今まで通りの振る舞いをする」といったルールを定めても、逆にそれを意識してしまい普段と違う行動を取ってしまうかもしれません。

それよりは、「怪しまれない範囲で注意をしながら日々行動する」ぐらいに留めておいた方が、結果的にバレるリスクを低くできるわけです。

浮気に関するいろんな捉え方

浮気は悪いことでないと捉える人

まず、浮気は決して悪いことではないと捉える人も多いわけです。

ただ、その理由にもいろんな捉え方があり…

「いろんな人を好きになるのは当然のこと」

「1人の異性だけと付き合うことがむしろおかしい」

「パートナーを裏切らなければ別にいいのでは?」

「少しハメを外すぐらいならいいと思う」

..など、いろんな考え方があるわけです。

肯定的な捉え方の中でも、より積極的な捉え方もあれば、消極的ながら肯定をする捉え方もあるわけです。

浮気は悪いことだと捉える人

一方で浮気を悪いことだと捉える人にも、やはりいろんな捉え方があるわけです。

「他の異性と付き合うことはパートナーを裏切ることになる」

「本当に愛した人なら他の異性に目が行くはずがない」

「世の中は自分だけで成り立っているわけではない」

「日本の法律では複数の家庭を持てない、重婚は認められていないから」

..などと、色々な見方や見解があるわけです。

結論を出すのは難しい

正直、浮気がこれほどまで考え方が真っ二つに別れるのは、結論は出すのは極めて困難だと言えます。

そうなれば、議論をしたり話し合ったりしても、結局平行線を辿るだけであり、話すだけ無駄かもしれないのです。

ただ、少なくとも考え方が別れている以上は、どちらか一方の考えに無理やり合わせることの方が、むしろ暴挙だと言えるかもしれません。

© 2016 theleakypen