浮気に対する考えが180度変わるケース

昔は浮気に否定的だった人も

例えば、昔は浮気なんて絶対にしてはいけない、浮気なんてしても何もいい事はないと考えていた人が、ある程度年を取ったことで、浮気に対する考えがかなり寛容になるケースもあるのです。
「気晴らし程度ならいいんじゃない」、「ルールを守れるなら多少の浮気は大目に見てもいいと思う」など、昔とは考えがかなり違ったりするわけです。

もちろん逆のケースも

一方で、昔は「浮気ぐらい別にいいじゃん」と思っていた人が、10年後ぐらいには「浮気なんて絶対にダメ」と考えるようになる場合もあるわけです。
その人がこれまでしてきた経験が、浮気に対する考え方を大きく変えて、肯定的な考えから否定的な考えになったわけです。

昔は浮気癖があった人も

また、昔は夫や妻に内緒で、よく浮気をしていたという人も多数いるかもしれません。
しかし、今となっては浮気など全くしなくなり、夫や妻だけを愛しているというケースもあるわけです。
それも、いろんな経験や出来事があったことで、浮気癖もすっかりなくなったと言えるのでしょう。

何をきっかけに変わるか分からない

浮気に対する考えというのは、何をきっかけに変わるか分からないものなのです。
今まで浮気を肯定していた人が、事故を起こして入院をして、パートナーにずっと看病してもらったことで、浮気なんて絶対にしないと思うようにになることもあるわけです。

© 2017 theleakypen